九州、沖縄、兵庫県播州を飛び歩くお気楽サラリーマン。
アウトドアな趣味と食い意地の張ったブログ。
<< おそばのブリュレ@かなじ屋 | main | 宜野湾に帰省−那覇空港食堂 >>
Ryder Cup 2012
 今年も2年に1度のライダーカップが行われた。
ヨーロッパ対アメリカのマッチプレーによる対抗戦。



今年はアメリカの開催なのでカップを保持しているヨーロッパにはかなり不利だと思われていた。
 
だってキャプテンがデービスラブ3世。
戦略家で賢そうだし、強そうなんだもの。
おまけにサポーティングとしてシカゴブルズのマイケル・ジョーダンまでいるんだもの。。(笑)

一方、ヨーロッパのキャプテンはオラサバル。
脳腫瘍で亡くなったセベの一番弟子と言われた男。
アメリカ有利かもしれないけど、ヨーロッパチームにはセベの魂がある。。


4サム、4ボールで行われた16マッチは、ヨーロッパが有利と思われていたけど、
なんとなんと10対6でアメリカが先行。

最終日のシングルス12マッチは個人戦が強いアメリカが有利と思われていただけに、今年は決まったな。。。と思っていた。


追いつめられたヨーロッパチームは今回調子の良い選手を最初からぶつけてきた。
「最初の4人が勝たなければヨーロッパチームの勝ちはない」とはタケ小山さんの予想。
私もそう感じていた。
ヨーロッパが負けるだろうけど、最後まで抵抗して欲しい!!


日曜日の夜、(正確には月曜日の早朝)日本時間の0時30分から始まった最終12マッチの中継。
ハラハラドキドキしながら生放送を楽しんだ。

なんと驚くことに、最初の5マッチをヨーロッパが制して10対11に!!!
その後は取ったり取られたりを繰り返し、13対13に!!
ヨーロッパは14ポイントを取れば、引き分けてカップを保持できる。
なんと11マッチのカイマーが18番ホールでパットを決めて、ヨーロッパが14ポイントを確定!
この時点でカップを守ったヨーロッパは大歓喜!!!

最終組のタイガーが勝てば14対14で引き分けるのだけど、なんとモリナリがこのマッチを引き分けにした。

結局、14.5対13.5でまさかまさかの大逆転勝ち!

驚くような結果になった。
ヨーロッパを応援していた私は嬉しいやら楽しいやら。。(笑)



私が思うに、二日目午後に行われた4ボールでのポールター。
マキロイと組んで勝ちを取ったが、彼がなんと5バーディを取ってポイントを取った。
彼の活躍がなかったら、最終日に流れはヨーロッパに傾かなかったように思う。

まさにイアン・ポールターがMVP!!!だと思うな。


最終日、スタート時間にギリギリに現れたローリー・マキロイにはオラサバルキャプテンから大きな目覚まし時計が贈られた。(笑)


ヨーロッパチームの打ち上げに使われただろうと思われるシャンパン。
美味そうだ。。


浮かれすぎ。。(笑)


カップ保持のパットを決めたカイマー。
来年は復活してよね。


ヨーロッパチーム、、、おめでとう!!!

(画像はweb上から拝借しました(感謝))


このような面白い勝負は生中継で見ないと感動は得られないね。
徹夜したから月曜日の仕事が辛かったけど。。(笑)

| Cooさん | 播州−雑感− | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://akblog.ksfield.com/trackback/305
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ